火山 西之島

2017年4月 西之島、1年5ヶ月ぶりに噴火

1年5カ月ぶりに噴火した西之島=21日 朝日新聞社 *熊本、鳥取地震後の再噴火 およそ40年ぶりに西之島の噴火がはじまったのが、2013年11月20日。溶岩は、もともとあった旧西ノ島を飲み込んで、拡大を続けていった。ふつう、火山は噴火しても、数日から数週間…

噴火警戒レベル引き下げでも、薩摩半島西方沖 M7など

*2015年11月、噴火警戒レベル引き下げ 2013年11月、西之島が40年ぶりに噴火してから、国内の火山活動も歩調を合わせるように活発化、噴火警戒レベルが各地で引き上げられてきました。しかし噴火から2年たった2015年11月。西之島の噴火がおさまると同時に、…

噴火から2年 火山活動は活発 小笠原諸島「西之島」

*島の面積は12倍に 小笠原諸島の西之島で新たな噴火が確認されてから、11月20日で2年になりました。島の大きさは東西が1900m、南北が1950mで、面積は東京ドームのおよそ56倍の、2.64平方km。波による浸食の影響で9月よりもやや小さくなったものの、元の…

噴火を続ける「西之島」は前代未聞の火山島

相模湾の海っぺリに、長く住んで育ったのですが、何か今までと違うような、ザワザワした感じ。そんな印象を感じ始めたのは、2013年の夏、8月ごろでした。空気や地面のざわついたような手触りの違いというか、音の違いというか、また地震が起きたりする…