火山活動と地震

地震と火山活動のまとめ(2013年〜

西之島が噴火してから 2013年11月、西之島が40年ぶりに噴火しました。 それ以降の、主な国内の地震と火山活動を、メモとしてまとめています。 西之島沖に現れ、噴煙を上げる新たな陸地[海上保安庁提供] 【時事通信社】 2013年 40年ぶりに西之島が噴火 4月1…

熊本地震の後 どういう流れになるのだろう?

マグニチュード9の大誤報 熊本地震から4ヶ月弱、2016年8月1日の夕方、「東京湾を震源とするマグニチュード9以上の地震が発生」という緊急地震速報が気象庁から流れた。東京23区や神奈川、千葉、埼玉の各県で震度7以上、茨城、群馬の両県で震度6…

噴火警戒レベル引き下げでも、薩摩半島西方沖 M7など

*2015年11月、噴火警戒レベル引き下げ 2013年11月、西之島が40年ぶりに噴火してから、国内の火山活動も歩調を合わせるように活発化、噴火警戒レベルが各地で引き上げられてきました。しかし、噴火から2年たった2015年11月。西之島の噴火がおさまると同時に…

噴火から2年 火山活動は活発 小笠原諸島「西之島」

*島の面積は12倍に 小笠原諸島の西之島で新たな噴火が確認されてから、11月20日で2年になりました。島の大きさは東西が1900m、南北が1950mで、面積は東京ドームのおよそ56倍の、2.64平方km。波による浸食の影響で9月よりもやや小さくなったものの、元の…