読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地震と耳鳴りについて

耳鳴りは地震の前兆?

地震の前に耳鳴りがするという報告は、かなり多いみたいだ。

地震の予兆的な耳鳴りの特徴は・・・

・普段は耳鳴りのしない人が突然耳鳴りに襲われる
・両耳ではなく、地震が起きる方角に向いた耳だけ耳鳴りがする
・ピー、などではなく、「空気が振動するような」音や、「キーン」という高い音のことが多い


私の場合は、ぜんぶ当てはまっている。

ふだん耳鳴りのする体質ではないけれど、震災前の数ヶ月前に、突然に「キィーーーン」というか「ピーーーィ」という高音の鋭い耳鳴り音が起こって、音量が大きいので夜も熟睡できなかったことがあった。

毎日起きるわけではなく、数回だったけれど、耳鳴り音が止まらなくなってしまった。
その時は左耳だけで、両方で聞こえることはなかった。
もう、てっきり耳が壊れてしまったのかと思っていた。
気がついたら、震災のあとは耳鳴りがおさまっていた。

久しぶりに同じような、突然の「キィーーン」という耳鳴りがしたのは、2014年11月21日。
この時は右耳で、ハウリング音や頭痛もした。
その翌日の22日に、長野北部 M6.8 震度6強があった。

f:id:Merimaa88:20151118223408j:plain
11月16日の雲



昨日の耳鳴りは・・・?

昨晩、11月17日、突然「キィーーーン」という大音量の耳鳴りがあった。
いつもと違う、少し低い音も混ざった。
今回は耳圧?もあって、耳の奥が痛いぐらい。
今も、音量は小さめだけど、ピーとチーが混ざったような音が続いている。


大震災の前に耳鳴り以外で覚えているのは、経験したことのない音のしない雷雨。
雨はそれほどでなかったけど、フラッシュをたくような閃光と稲妻のジグザグが見えるのに、音がしない。
そんな雷雨が延々と続いた。

それから、震災前の冬に、
「今年は、冬なのに入道雲のような雲がなぜ多いのだろう」と思ったこと。

震災後の数日間、海(相模湾)の南東方向から、海底で大きな岩が転がるような、巨大な鎖を引きずるような、ゴロゴロという音が聞こえていた。
3日ほど、続いていただろうか?
海鳴りのゴーゴーという激しい音や、波が打ち寄せるような音は聞くけれど、今でもあの音は不思議に思う。


seashore3939.hatenablog.jp